遊戯王DEイングリッシュ!第1回「Poison Draw Frog」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 When this face-up card on the field is sent to the Graveyard (unless it was
attacked while face-down and destroyed as a result of battle), you can draw
1 card from your Deck.
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

みなさん、こんばんは!
今日の話をする前にこの文章を見て下さい。

この文章、とある遊戯王カードの英語版の説明なんですけど、
わかりますか?

この文章のポイントとしては、
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 When this face-up card on the field is sent to the Graveyard (unless it was
attacked while face-down and destroyed as a result of battle), you can draw
1 card from your Deck.
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

って分けられるのかな~って思います。
(違ったらごめんなさい。)




まず、このオレンジ色のフレーズ。
When this face-up card on the field is sent to the Graveyard

単語のチェックからすると、
face-up = あおむけに
Graveyard = 墓地

で、冒頭の When は 「~する時」と訳せば良いのだから、
訳すと、
フィールド上のこのあおむけのカードが墓地に送られた時
ってなるんじゃないかな?



次に、この緑色のフレーズ。
(unless it was attacked while face-down and destroyed as a result of battle),

単語のチェックをすると、
unless = ~しないかぎり、もし~しなければ
while = ~する間に、~しながら、~するのと同時に
face-down = うつぶせに
destroy = 破壊する

で、 be + -ed は受身の形をとるから、
訳すと、
(もしうつぶせの間にそれが攻撃されたり、バトルの結果として破壊されたのなら)
ってなるんじゃないかな?



そして最後の赤色のフレーズ。
you can draw 1 card from your Deck.

単語を確認してみると、
Deck = デッキ(山札)

で、訳すと、
あなたはあなたのデッキから1枚引くことができる。
ってなるんじゃないかな?



全文章をつなげてみると、
フィールド上のこのあおむけのカードが墓地に送られた時、(もしうつぶせの間にそれが
攻撃されたり、バトルの結果として破壊されたのなら)、あなたは自分のデッキから1枚
引くことができる。


けっこう、良い感じに訳せましたね。


ちなみにこのモンスターの名前は
Poison Draw Frog」という名前です。
カエルデッキに投入されそうなカードです。

Poison = 毒、Draw = ドロー(デッキから引く事)、Frog = カエル。

毒を引くカエル

よくわかりませんね。




では、日本語だとどういう文章なのでしょうか?

まず、お名前は、
引きガエル

効果の説明、つまり☆の中の日本語文は、
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地へ送られた時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。


随分、あっさりしましたね。
face-up = 表側表示、face-down = 裏側表示ってことだったんですね。



遊戯王DEイングリッシュでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プトティラ
2011年06月09日 02:56
sap!
↑野獣のボブではありません。
ブルーアイズホワイトドラゴンの攻撃音です。
しかし遊戯王の英語標記、矛盾がたくさんでそうですね、、、
ここで質問です。
かっとビングって英語でなんて言うんですか?気になって夜も眠れません
シャスタデイジー
2011年06月12日 16:17
ブルーアイズの攻撃がしょぼく思えますね…。
かっとビングはどうなんでしょうね?
日本独特の言葉が海外行っても変わらないケース(HENTAI、MOTTAINAIなど)もありますけど、
変に進行形ですもんね。
海外だと「かっとビング」って言われても「?」だと思いますが、主人公が「かっとビング」イズ…って説明するかもしれませんし。
ボクはそのままのような気がします。

この記事へのトラックバック