歩き ながら のお兄さん

それはつい先程のこと。


いつものように電車に乗って終点に着いて、
少しゆっくりしてから向かうのが流れ。

今日もゆっくりする予定でしたが、
隣の人がお弁当?などが入った袋を忘れて出て行きました。
女子高生が歩く中、その大学生くらいの男性はスタスタと女子高生が歩く中へ歩いて行きました。

僕は「すいませんすいません!」
と呼びかけても反応がありませんでした。

その後、腕を叩いてみましたが、
無反応でした。


なぜ、反応がなかったかというと、
今、話題の ながら歩き をしていたからです。
彼は音楽に夢中で全く気付きませんでした。


僕も自分の荷物を置いて出るワケには行かなかったので、
そこではぐれてしまいました。



世に言う 自業自得 というものかもしれませんが、
彼は彼で周りの人の冷たさを感じるのでしょうか。



一応、荷物は駅舎の受付の方に渡しておきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

108
2013年12月17日 11:19
人が生きていくうえで、「壁」というものが出てくるのは当然のことであり、必然である。逆にいえば、それは生きているという証明でもある。そして、その「壁」をどう調理するかで、人というものは変わってくる。ただじっと待っているのか、壊すか、遠回りするか、人によってさまざまである。自分がこれでいいといっても相手はそうではないという回答が返ってくる。私個人の意見で言うならば、あなたのやったことは、少し足りなかったかな、と思いました。

 ちなみに弁当の中身は一体何だったんでしょうか。
シャスタデイジー
2013年12月19日 21:00
お弁当のデザインからすると、お母さんに作って貰った可能性もありそうです。
水筒もありました。
袋は企業名が入っていたので、説明会かなんかで貰ったものかもしれません。

この記事へのトラックバック